FXで30万円失ったけどへこたれない

海外旅行から帰宅したら画面に30万円の損失が

私は41歳の女性で大阪府堺市に住む専業主婦です。FXで30万円を失いまして、家族は知っております。

以前、FXで損失を出しました。FXを始めたころは、慎重にすすめていたため、損失は出ず、少しずつですが利益が出ていたので、FXはけっこう簡単に利益を上げられるのだなと思っていました。

しかし、だんだんFXでの金額をあげていたところに、為替相場が急に変わった出来事がありました。
それでも通常であれば、すぐに対応して損失も最小限で済んでいたと思うのですが、運悪く、そのタイミングで海外旅行に出かけていました。

旅行中はFXや株のことは気にせず楽しむつもりでいたので、何の用意もしておらず、帰国してからしか対応ができませんでした。

10日後に帰宅してからすぐにFXの画面を開きましたが、すでに30万円の損失が出ていてショックを受けました。

30万円の損失は勉強代

いままで、こつこつと少しずつ出してきた利益が、一気にマイナスになってしまい、ショックを受けました。

そこで、私が投資をなめていたことに気づかされました。数か月かけて少しずつ利益を出していた分が一気に吹っ飛んでしまい、投資の怖さを思い知りました。

投資をするからには、万全の対策をしておこなうこと、そして、いつでも対応できるような準備をしておくことが必要だと心から感じました。自分の甘さを痛感しました。

また、今まで以上に世の中の動きに常に敏感になっておくこと、ニュースなどで情報を常に仕入れておくことの重要性も感じました。

損失は出しましたが、これも一つの社会勉強になったかなと少し経つと前向きな気持ちになりました。

投資の怖さを実感し精神的に疲れた

FXは余裕資金でおこなっていたため、特に損失を補てんするための行動はとりませんでした。

お金も家庭のお金ではなく、自分のお金でやっていたため、家族は損失のことを知っていますが、だからといって何も言いません。

でも、自分の中で大きな損失を出したことがショックだったので、それ以降は自分の物を購入するときにはお金にシビアになりました。しばらくは、自分の物にお金をかけることはやめようと思い、節約生活を送りました。

でも、自分の預金が元の金額に戻った今は、以前と変わらない生活を送っています。日常に必要なお金ではなかったため、日常生活に支障はありませんでした。しかし、お金のありがたみや、投資の怖さを実感して、精神的に疲れました。

短期で利益が確定するFXには中毒性がある

株や投資信託の投資は続けていますが、FXはやめました。

理由は株や投資信託は長期保有を目的として続けることができますが、FXはどちらかというと短期のものなので、毎日為替やニュースをチェックして、常にFXのことを考えておかなければならない生活に疲れたからです。

結局、損を出した後、まだ残っていたFXはしばらく続けていて、円安になり利益が出た段階で決済したため、トータルではそこまでの損失にはなりませんでした。

FXをやめた今、常に為替を気にする必要がなくなり、精神的に楽になりました。ただ、数日で数万利益が出る、というおいしい経験もしているため、そのうちまたFXを始めたい、と思うようになるかもしれません。

投資に対する意欲はまだ消えていない

株や投資信託で、損を出しているものもありますが、利益が出ているものもあるので、もう少し株を勉強して、株を増やしたいなと思っています。

今は外貨預金はアメリカドルしかやっていませんが、他の通貨での外貨預金もしてみようかと思っています。FXではないため、多少の損が出ても、損失の額自体は少ないと思うので。

また、投資信託にもいろいろなものがあるので、いま保有しているものとは違うタイプの投資信託を始めて、リスクを分散させられたらいいなと思っています。

また、ハイリスクなものだけでなく、ネット銀行などの定期預金でリスクを取らずにお金が少しでも増やせたらいいなと思うので、ネットでいろいろ研究してみたいと思っています。

5,000万円あったら老後や教育費も充実する

あと5千万円があれば、人生はかなり楽になると思います。子どもの教育費や自分の老後費用としてとっておいて役立てることができると思います。

現在はマンションを所有しておりローンはないのですが、マンションのリフォームも考えているので、数百万円はそれに使えるのではないかと思います。

家電や給湯器なども寿命で次々故障していきますし、そういったものに少しずつ使っていきたいです。

宝くじで5億円当たったら、世界一周や別荘の購入なども考えますが、とりあえずはあと5千万円あれば、お金のことを気にせずに日々の生活を送ることができると思うので、いつも、あと5千万円ほしいなと思っています。

老後資金や教育費などを気にしなくてもよい生活を送りたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です