無利子なら負担は軽く二種併用しなくてよかった

生活費も必要だったため一種と二種の併用も考えた

島根県在住、コールセンターに勤めている30歳の女性です。

私は元々国公立大学を志望していましたが、失敗してしまい自分の学びたい分野のある私立の短大に進学する事になりました。

両親は共働きでしたが、そこまで高収入という訳では無く、高い学費を払うのが大変だったため少しでも親の負担を減らそうと奨学金を借りる事になりました。

本命の大学に行けなかった負い目もあり、家族の生活もあるため、全く奨学金を借りないで学校に通うという選択肢はありませんでした。

授業料は勿論ですが、地元から離れた学校に通うことになったため生活をする為のお金も必要でした。

一種と二種の併用も考えていましたが、やはり家庭の収入にも左右されるので最終的には一種のみを二年間借りるという事になりました。

幸い高校時代の成績も悪くなく、在学中も単位を落とす事は無かったので卒業まで借りる事が出来ました。

大学の寮生はアルバイトが禁止だった

大学在学中は寮生活だったので食事には困りませんでしたが、門限があるのと寮生はアルバイト禁止というのが問題でした。アルバイトが出来ないので自分で稼ぐ事が出来ません。

内緒でアルバイトをしている人も居たので、やろうとも思っていました。

でも講義によっては夕方の18時くらいまでかかる場合もあり、平日にアルバイトをしようと思うと夜間、しかも寮の門限内に帰らないといけないので、最後まで残れないかもしれないという事でなかなか採用先も見つからず、結局諦めてしまいました。

稼ぐことが出来ないなら節約するしかありません。電車代がかかるので出来るだけ電車に乗らなくても行ける場所で買い物を済ませたりしました。

どうしても行く必要がある時には時間をかけて歩いて行きました。
服や靴などは殆ど買わず、傷むまで着続けていました。

お金のある人たちの中には将来のビジョンがない人も

実家から通っている人は学校帰りに皆で買い物に行ったり、カフェでお茶をしたりと遊んでいました。
優雅なお金と時間があるのが羨ましかったです。

私自身は門限に左右されないバイトがあればやるつもりだったのでサークルにも参加していませんでしたが、実家通いの人達はサークル活動やイベントを楽しんでいました。

うちの短大は同じ敷地内に4年制の国際大学が併設していたので国際大生の姿も頻繁に見かけました。
私が短大で授業がビッチリ入っていて、移動時間しか取れない中でも校内で友人同士で話したり、遊んだりしていました。

明らかにサボっている人もいました。家庭がお金持ちというのもあると思いますが、資格が取りたいからとか何かを学びたいという明確なビジョンがある訳では無く、何となく大学に入っただけなんだろうなというのは見ていて感じました。

無利子の奨学金はかなり助かる

短大卒業後、実家に戻り地元の飲食店の系列の会社で働きました。
かなりの高収入だったのでその頃は奨学金の負担は感じていませんでしたが、体を壊し別の仕事へ転職しました。

転職活動中は無職の期間もありましたが、アルバイトを掛け持ちしたりして最低限の収入は得るようにしていたので今まで失業を猶予をお願いした事もありません。

色々な仕事をしてきて、今はコールセンター勤めで落ち着いています。数年間勤務していますが、両親も兄弟も働いていて、学費や入院費などで負担が掛かることも無く問題ありません。

月々に支払うべき金額が少なかったのと無利子なのでそこまで負担は大きくないです。
学生の頃は併用を希望しましたが、今になって無利子だけの貸与にして良かったと実感しています。

完済できたら新しい事業を始めたい

もし奨学金をいっぺんに返すことが出来れば、その後に浮く分は貯金したいです。
自分も両親もいつまで働けるのか分からないし、何かあった時の為に備えは大切だからです。

亡くなった祖父母が自分達の人生の最後の思い出として、豪華客船に乗るツアーに行き喜んでいました。両親にも同じ豪華客船の旅をプレゼントできたら良いなと思っています。

学費の事だけでは無く、育ててくれた恩もあるし、自分が学校に行き資格を取得する事が出来たのも両親が懸命に働きながら育ててくれたから、感謝の気持ちは伝えたいです。

あとは新しい事業を始めたいです。やりたい事は移動図書館です。高齢化で遠くに行けない人も居るし、田舎の子供達は図書館に行くのも苦労するのは自分の経験上知っています。

そんな人達が本に触れる機会が増える事をやりたいという野望はあります。

無利子奨学金の貸与のために勉学を怠らないで

家庭の事情で進学を諦めるのは勿体ないと思います。借りられる方法があるなら、将来の自分への投資だと思って申請した方が良いと思います。

年数はかかりますが、月の返済額は1万円も満たない場合もあります。高収入じゃなくても勤め続けていれば返せる金額です。

ただ、やはり無利子で借りれるなら無利子の方が良いと思います。利子分返すべき金額が増えていきますし、期間が長ければ長いほど利子も多くなってしまうので結果的に返せなくて困るという場合もあるからです。

在学中は無利子とはいえ、なかなか大変です。

もし大学や専門学校に進学時に奨学金を借りたいと思っている人は高校の勉強も頑張って、成績を保ちましょう。無利子を借りる場合は成績も左右されるので、通りやすいはずです。

夢のために前向きに頑張って下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です