幼少期の貧乏マインドを克服して強く生きる

幼少期の貧乏生活で貧乏性になる

20代後半の女性です。大学卒業当初20万(手取り)現在14万です。昔は1週間切り干し大根とご飯生活3食がすべてでした。おやつは納豆と近所でもらった食パンの耳を焼き、砂糖をまぶして食べてました。

お腹すいても食べることができなかったので、お腹がすく前にとりあえず早く寝る生活を送ってました。豪華な時は誕生日にケーキが食べれれば贅沢。ハンバーグが唯一のごちそうでした。

そのまま大人になってしまったので貧乏症が抜けずできるだけ自炊をしました。大根の葉っぱすら切り落とし、ごま油であえカツオ節と混ぜいため食べています。無駄なものを買わないように、極力安いもので腕で美味しく作れるかを自慢にしています。

食費は1週間分の夕飯は2人で2500円で賄うことができています。2500÷7=357 357÷2=89 1食あたり89円。ご飯にメインのスープが付きます。

親が原因で苦労を重ねる

新聞記者だった親が遠くに飛ばされ、独自で会社をすることになり職業はフリーライターです。仕事はなかなかなく仕事がない日々が続き、銀行から借りたお金は自己破産し、闇金まで手をだし借金取りに追われていました。

又、母も仕事がパートだったため知らない土地での仕事は大変で仕事が決まらなかったのです。そのため父は「ブラックリスト」に名を残すことになり、大学に行く時に奨学金を借りようとしたら、父方の性で名乗っていた母が保証人でした。

離婚後、16年後高校3年で苗字を替え、奨学金を借り大学に行けることになりました。大人になってそんなことがあるとは思いもしませんでした。

中学から高校に行く時に母子家庭の奨学金を借りようとしたら許可が下りませんでした。前の名字のまんまだったからみたいです。

親から自律して頑張る

高校生になって16歳になってすぐバイトを始めました。高校は公立高校に落っこちてしまったので私立に行きました。進学校だとバイトはNGが多いので頑張って勉強すれば学力と特待生度を狙え、バイトができる所を探し進学しました。

高校で車の免許が欲しかったので自分でためることにしました。又、母子家庭だから大学行けないは嫌だったのでバイト、部活、勉強、生徒会に塾をこなしながら貯金して進学しました。

高卒だと安い給料は嫌だったので、大学でも勉強はそこそこ頑張り、1年半は学費免除で卒業しました。高校では県で1学年15人しかもらえない奨学金の試験に受かり、2年間貰うことができました。

私が頑張ったことは、学生時代は何事にもチャレンジして、勉強して資格を手にすることです。

社会人の付き合いで生活費が不足

今は社会人になりまして手取りもありますが、飲み会やイベントごとが続いた時ででしょうか。自分が欲しい物を我慢して、飲み会にいくら必要かを考えて生活をしないといけないことです。

足りなくなったらカードで払うことも珍しくはないので、月のカード代金はリボ払いで30,000円、奨学金返済1万2千、携帯代1万5千あっという間に5万円ほどなくなることです。

後は自分の生命保険代が1万3千くらいなので、生活を回していくのがやっとな状態で貯金ができないことです。給料日前になると、財布の中身が1000円ない時ですらあるので、給料日前の1週間が特にきついです。

その時の飲み会で仕方ない時は、いい年して親に借りることも珍しくありません。外食はせず休みはゴロゴロしています。

親の収入を頼りに生活をこなす

生活はこなせないことはないと思いますが借金や返済額が増え、そのうちカードすら切れない時期が来てしまうのではないかとぞっとしてしてしまいます。親と同居なので生活はこなせてますが、親の収入がなければ路頭に迷ってしまうのではと思います。

大学時代より現在の方が給料はいいですか、かさばる交際費が半端ないのが事実ですので、生活水準を下げて生活しろと言われたら困難極まりないと思います。あまいと思いますがそれが現状です。

削る場所は趣味の時間を減らすしかないので、そしたらストレスで体を恐し、仕事どころではない気がするのも事実です。この生活がつづくのは結構きついかもです。貧乏生活が続いたら確実にうつ病傾向に落ちると思います。

正社員を目指して副業で頑張る

手取りで20万ですかね!遊びもできて、生活もできて、文句なく仕事もできて、地方でしたら生活可能だと思います。今は派遣社員なので正社員になって頑張るしかないですね。営業成績上げて職場に貢献し足りないなら副業して頑張るしかありません。

現につい最近まで給料が足りなくて、仕事後はレンタルDVDショップで週3回していましたので、金のためなら貪欲に働ける自信はあります。でも成績が物をいう世界の仕事に就きました。

長く続け、正社員めざし、月21万もらいボーナスもらえる生活をすることができればこのきつい生活からおさらばすることができるのではないかなと思ってます。とりあえず目指せ20万で成績上げて頑張ります。

世界を広げてモチベーションを高く持つ

体がきついから働かない。そうじゃない。みんなお金あってゆとりがあって羨ましい。そうじゃなくて、お金がないならどうやって生み出すか。自分が壊れないようにどう生活をするか考え多くの人に出会い、要領を得て行かないといけないと思います。

世界が狭い人ほど貧乏な人が多いと思うので、世界が広がると心に余裕もできます。多くの場所に行き、お金をかけずに楽しく生活することが、今後を背負い生活を乗り切る課題と思います。要は気持ちとモチベーションの問題です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です