いずれは営業兼プログラマー!マルチなフリーランサーになりたい

ルーティン業務を淡々と繰り返す日々のパチンコ業

大阪府在住の32歳男性です。パチンコ業界で働いており、年収は600万円です。

勤続13年ですが昇給は一切ありません。ボーナスは年2回の支給ではありますが、年々減らされており、半月分位になってきております。

主に管理者業務として、下記の業務を主に任されております。

  • 売上管理
  • 予算管理
  • 利益管理
  • 経費管理
  • スタッフ管理

日々は、営業の数値管理をルーティンとしてこなしている状況です。

毎日の業務に変化はなく、同じ作業を繰り返している状況です。

また経費の管理を行っており、経費の予算立案から購入代金の管理等を行い、売上と照らし合わせて利益の管理をしている状況です。

スタッフの育成も行っており、社員からアルバイト・派遣まで担当しています。教育スケジュールの作成や実際に研修を行ったり、昇給提案をしている状況ではあります。

その他には、広告媒体の依頼や簡単な販促物の作成等を日々おこなっております。店舗管理業務を行っている日々となっております。

衰退の一途を辿るパチンコ業界に明るい未来はない

パチンコ業界は衰退産業であり、今後の成長が著しく望めない状況下ではあります。

年々の売上も自然と落ちてきており「自分が定年退職まで働いていけるか…」、「この業界が存在するのか?」が不安であります。

来年度にはパチンコ・スロット共に機械台の出玉性能の規制が入っている為、数年後に売上が落ちる事も必須です。

おそらく、全国で今の店舗数が半減し、業界自体が縮小すると思われます。

また、ブラック体質が多く、拘束時間が非常に長く、尚且つ休日日数も他業界に比べて少ないのが特徴的です。肉体的に追いつかない状況も多いためか、新卒者の約半分は離職してしまう事が多いです。

縮小傾向にある為、昇格のスピードも遅くなり、上位役職者が詰まってきている状況であります。

ブラック体質は当たり前!?人材不足で過酷な10時間休憩なし勤務

問題なのは、拘束時間の長さであります。重労働な部分が多々あり、定年迄働けるのかが不安な職種でありますが、業界縮小傾向にある為、昇格も望めない状況です。

朝に仕事が終わり、1時間後に出勤をするという事もざらにある状態です。その中で、ボーナスの減額等が続くと先行きを不安に感じてしまいます。

こういった状況なので離職者が多く、求人をかけても人材は採用できず、残された従業員の負担が増えていく一方であります。

休憩時間が無く、10時間休み無しという事もよく耳に致します。

昔は高給の仕事ではありましたが、現在はそこまで高給な仕事ではなくなってきております(昇格スピードが遅い為です)。

年齢が上がっても昇給出来ずに、体力仕事を続ける事が多く、先行きは細いと考えられます。

年収1,000万円で投資!稼げるスキルも身につけて自分を守る

年収1,000万円位を目標にしております。今後の日本を考えて、出来るだけ貯金や資産を蓄えて行きたいというのが本音であります。

1,000万円の使い道としては、貯金と若干の投資を行いたいと考えてます。投資は余剰資金で行う程度で行い、借金等にならない様にする程度の投資を考えてます。

また、プログラミング等のPC技術の勉強資金を使いたいと考えてます。

行く末は、企業勤めではなく自分で稼げる力が必要になる時代が来ると考えてます。

10年、20年後にはAIの進化・普及により、人間が行う仕事は減ってくると考えられます。

その為に自分で稼げる力を習得すると考えた時に、今後の世界ではパソコン技術やネットで稼ぐスキルが必要になって来ると思います。そのためにPC技術習得の勉強資金にもしたいと考えます。

プログラミングにWEBデザイナー、転売も行うマルチなフリーランサー

現状はこういったクラウドソーシングと、若干ですが暗号通貨等に投資をしております。

今後は資金が溜まり次第、プログラミングやWEBデザイナー・AI等の勉強を行い、スキルを習得したいと考えてます。

最初は少額の案件を行う事が主になると考えられますが、やがて高額な案件も携われるように勉強を行い、将来的にはフリーランス等に近い副業を行えればと思います。

別件で、転売等もスキルとして習得できれば行いたいと考えております。今の転売状況では、そこまで稼ぐ事は出来ないかもしれませんが、少額でも稼げるようになれば、将来的には役立つと考えてます。

今後は、一つのスキルだけで生きていくのが困難な時代になっていくでのはないかと予測しております。

「副業」で独立するために、営業職を経験したい

副業はパソコンやインターネット系と行ってます。副業の方が本業より稼げるとしたら、現在の仕事はやめて副業をしながら営業職を行いたいと考えます。

将来的には、ネットやパソコンで生活が出来る収入が得られたとしても、そのスキルだけで数年続けていくのは困難と考えております。

なので、営業職で営業のノウハウや人脈形成を勉強したいと思います。やがて、営業職でのノウハウ等を身につけていった際に、副業で行っている物で独立をしたいと考えます。

プログラム等の副業がうまく行ったら、その関連で独立する為に、一旦は営業職で勉強をするといった方がニュアンス的には正しいかもしれません。

副業が本職の収入を上回ったら、勉強をしながら独立を目指していきます。

年収は1,000万円か100万円!?やがてくる深刻な格差

今後はAIの進化・普及により、50%近くの職業が消えるという噂もあります。スキルを必要としない職業は消えてしまうという事です。

特に単純作業は、プログラム化やロボット化されていくと考えます。

日本人の年収は1,000万円か100万円かになり、中間所得者は消えると言われております。

このような時代でもIT技術は進んでいくので、IT業界の人材不足はロボットだけでも代用出来ないと考えますので、安価~高価までの副業は必ずあると考えます。

また、一つの職業で生活していくのが困難な時代になると考えられます。なので、今のうちに若干でも副業等を行い、将来に備えて行く事は大事な事と考えてます。

将来、副業率は今よりも確実に上がっていくと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です