WEBライティングで楽しく稼いでカードローンを完済したい!

勤続12年の看護師、任される仕事は患者さんのケアだけじゃない!

北海道札幌市に住む34歳女性です。職業は総合病院の病棟看護師、勤続12年で年収550万円です。夜勤もあります。

昇給はその年によって異なりますが、2~8千円の間で毎年上がっています。

ボーナスは、夏が基本給の2.0倍、冬が2.5倍、経営状況によって年度末には年度末手当0.5倍がでる場合がありますが、去年は就職して初めて年度末手当が出ませんでした。

夜勤ありの病棟看護師として働いているので、患者さんの日々のお手伝いや退院に向けての調整、他職種のそれぞれの見解をまとめるなど、様々な仕事を担っています。

勤続12年目は管理職を除くとトップの方に入るため、若い世代の指導にもあたっています。

今年は指導担当など決まった役割は与えられなかったため、逆にあれこれ手を出して、自分の持っている知識や情報を病棟全体に伝える事が増えました。

カルテは電子カルテを使用しており、関わる職種全員がカルテを見て情報を得る事になるため、記録もこまめに入れて他職種間で情報共有が出来るようにしています。

また、患者さん1人1人にどのようなケアをしたかを記録するため、患者さんへの直接的なケアが終わった後も記録にかかる時間が意外に長いです。

現場の実情を知って努力を理解してくれる管理職がいない

病棟はそれぞれ科が分かれていて、基本的には担当科の患者さんが入院しているのですが、他科のベッドが満床の時に私の所属している病棟のベッドが空いていると、全く違う科の患者さんが入院して来ることもあります。

それはやむを得ないと思うのですが、慣れない科の患者さんを看るのは、経験年数の浅いスタッフは特に戸惑う事や分からない事だらけです。

それをなかなか管理職の上司が理解してくれず、若いスタッフに心無い言葉をぶつける事が見ていて辛いです。

もちろん慣れない科の患者さんを看るのは中堅の私でも緊張しますし「大丈夫だよ」と声は掛けていますが、もう少し働いている現場を見て、いかに大変か、いかに努力しているかという事を理解しようとしてもらいたいです。

看護師の「格差」にとまどい

日々の忙しさはベッドの埋まり具合、患者層、検査や手術件数などにもよるため、一日一日で大きく変わりますが、病棟によっては暇な時期が多い病棟もあります。

私の勤務している病棟は、比較的忙しい病棟のため、暇な時期はかなり少ないです。

忙しく残業が長くなった時は残業代が付きますが、忙しい中どうにか仕事を終わらせて帰る時などは、一日中暇だった、と話す他病棟の看護師と一緒になると、仕事量は違うのに貰う給料は同じ事を考えると割に合わないな、と思ってしまいます。

夜勤も、手当はつきますが夜勤後は一日では疲れも取れませんし、寿命を削って働いているくらいの気力、体力を使って一回の夜勤を乗り切っているので、もう少し手当は高くても良いのでは、と思ってしまいます。

年収700万円でカードローンが完済できる

年収としては700万円くらいは欲しいです。とある理由でカードローンを利用したため、その返済を含めると月の給料ではギリギリの状態です。

もう少し月の手取りが増えると、少しずつでも貯金して、カードローンを一括で返済出来るのではないかと考えています。

今の状態では貯金はなかなか出来ず、返済遅延はしていないものの、取られる利息を考えると完済できるのがいつになるのか、かなり気の遠くなる月日が掛かってしまうと思います。

また、カードローンの返済に充てる分以外にも貯金をしていきたいと考えているため、今より少しでも月の手取りは増やしたいと考えています。

あれば助かる額としては700万円くらいかと思いますが、実際に増えるのであれば月に2万円でも3万円でもいいので増やしたいです。

WEBライティングで楽しく稼ぐ!

副業は現時点ではランサーズのみで、1ヶ月前にパソコンが壊れてしまったため、スマホで出来る作業しか受けられず、月収は2~3千円程度です。

文章を書くのは苦手ではない事と、休みは比較的自由に時間を使える日が多い事からも、パソコンを購入したら、もう少し色々な仕事を受けさせて頂きたいなと考えています。

文章を書く以外にも、在宅で出来る仕事、家事の合間に出来るスタイルの在宅ワークに魅力を感じているため、様々な仕事にチャレンジしてみたいなと思っています。

現時点ではランサーズで自分の経験や口コミを文章にする事で、お金が貰える事に楽しさも感じているため、パソコンを購入したら受ける仕事の量を増やしていきたいと考えています。

「副業」は副業、でも今の生活に疲れたら「本業」にしたい

看護師の仕事や今の職場に不満もありますが、看護師の仕事は好きなので、完全に切り替える事は現時点では考えていません。

ただし、看護師の仕事に疲れて少し期間を空けたい、と思う事は今までにも何度かあったので、在宅ワークで今の月収を得られるのであれば、しばらく看護師から離れる事も考えるかもしれません。

ただ、在宅ワークもやり始めたばかりで今の収入を上回る事はかなり厳しいと思うので、現状では在宅ワークはあくまでも副業で、少しでも貯金額を増やせたら、という事しか考えていないのが現状です。

結婚したり子供が出来たりした時には、子供を育てながら今の忙しい看護師生活が続けられるのかは自信がないため、在宅ワークに頼りたいと思う気持ちは強くなるのかもしれないです。

先行き不安な社会で、副業は強い味方になる!

今後年金もどれだけ貰えるかかなり不透明で、今の職場も経営難で期末手当が初めて出なくなるなど、いつどうなるか分からないという不安はかなり大きいです。そのため、蓄えは少しでも多い方が今後のためになると思います。

副業も、時間さえあれば出来る仕事も多いと思うので、知っていて実際にやっている人にはかなり強い味方になるものだと思います。

その中でも、文章力がある方やパソコンが得意な方は出来る仕事も増えてくると思いますし、能力や使える時間はあるのに知らないだけでやっていない方も多いと思うので、知らないと損をするものだとも思います。

私も知るまでは「良く分からないから」と手を出さないでいましたが、今となってはどうしてもっと早くやらなかったんだろうという思いです。私にとっては副業は頼りになるものだと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です