本業収入には頼らない!株式投資でダブルインカム生活を目指す

営業スキルを活かすだけでなく、ものづくりに携わることが魅力

神奈川県に住む男性32歳です。勤務先はメーカー営業として360万円を年収を得ています。

勤続は7年ですが、定期昇給はなくボーナスは1か月程度です。

玩具の製造メーカーで、観光地向けの商品卸をしています。主にルート営業で取引先を定期的に巡回し、商品の受注を受け、納品します。持っているエリアは他府県に跨って広く、自動車の運転をかなりの長時間行う仕事になります。

自社の商品を卸す通常の営業では、500程あるアイテムの中から取引先に合う商品を選別して、提案受注します。

自社の商品の営業の他、オリジナル商品を提案作成する仕事もあります。こちらはまだ世の中に無い商品をオリジナルで作成し、商品のデザイン、仕様、価格、数量など全て打ち合わせして進めます。

物作りの醍醐味が味わえる面白い仕事ですが、専門的な知識と徹底した納期の管理が必要な為、難易度の高い仕事です。

評価基準が上層部の「好き嫌い」!?

仕事内容は好きな商材を扱えるという点で不満はありません。大きな不満は、とにかく給料が上がらない事です。

入社して数年間は新卒と同程度の給与しか貰う事が出来ず、また昇給しても幾らもありません。

昇給にあたっては明確な評価制度が無く、役員の好き嫌いとタイミングでほぼ決まると所が非常に良くないです。

お気に入りの取り巻きだけどんどん給料が上がっていき、それ以外の人はずっと据え置きというようなおかしな状況が続いています。

多少なりとも昇給の芽が見えれば頑張る事も出来ますが、なかなか厳しいです。

また、営業マンですが、予算を達成しても何の見返りもありません。お金に関しては自己防衛をしていかなければならない点だと思います。

営業実績に見合わない給与体制、そして負担だけが増えていく

部内でも有数の大口顧客を担当しています。まずもって、その売上に対して全く給料が見合っていません。

大口の顧客ですので、部内全体の20%程度の売り上げになるのですが、自身の給与は新卒に毛が生えた程度です。稼いでいるのに実入りが少ない事に一切納得がいきません。

また、役職者でもないのに、部内の取りまとめのような事を行っているのですが、そちらも全く評価されず、やり損のような状況です。

勉強会の開催、売上進捗の確認、営業商談のクロージング指導など、役職者と言える程度の仕事をこなしているのに全く見合いません。

挙句の果てに上長の仕事をフォローする事もあり、手間ばかり掛かる事を引き受けているような状況になっています。

年収400万円あれば、家庭を持ちスキルアップもしたい!

少なくとも年齢給程度、現在32歳ですので、32万円程度の給与所得は必要です。

勿論、上を見れば幾らでも欲しいですが、現実的な線ではその辺りで、年収400万円程度以上を求めたいです。

使い道としては単純に生活費になります。結婚して子供も出来る時期なので、何かと物入りな事とやはりある程度の余裕を持とうと思うとお金は必要になってきます。

また、自身を磨く為にもお金を使っていきたいです。未だにボロボロの靴や服を新調出来ない程度の所得なので、見た目の自分磨きをしていきたいです。

合わせて、今後のスキルアップなど自分の内面に対する投資も行いたいです。それらの改善向上の為にも、収入を使っていければ良いなと思っています。

株式投資とソーシャルレンディングの副業で月2万円の収入

副業をやって少しでもお金を増やしたいです。今、実際に行っており、月に2万円程度収入を得ています。

一つが株式投資。現金化はしていませんが、個別株と投資信託に投資し、少しずつ利益を積み重ねています。

そしてもう一つはソーシャルレンディングです。貸金投資ファンドへの投資で定期的な収入を得ています。

アフィリエイトやクラウドソーシングなども行っていますが、なかなか上手く収益化できずにいる為、株や投資と言った、多少リスクを伴う物のリターンが期待できる商品の方が個人的には性に合っているように感じます。

損する事もありますが、経済の勉強にもなっている為、様々な方面でプラスになっているなと感じています。またもっと上手くなれればと思います。

副業だけで生計を立てるのはリスクがある

本業で得られる収入よりも副業が勝ったとしても、本業はそのまま続けます。

副業も法人化するなど、本格的なビジネスとして回していけるのであればアリかもしれませんが、あくまで副業で、ビジネスとしての継続性が弱い物が多いのではと思っています。

また、副業はあくまで本業を支える保険であり、本業と副業で利益を2重取り出来た方が圧倒的にプラスであると思います。

本業の稼ぎが悪いのであれば、転職する選択肢もありますが、副業は転職するという方法が使えない為、一度ダメになってしまうと再起不能になるのではとも思っています。

あくまで本業は本業、副業は副業として明確に棲み分けていく事で諸々上手くいくようになるのではと考えています。

「副業」はこれから日本社会でスタンダードになる!

本業の収入を補てんする為の保険的な立ち回りとして、ますます進歩していくものだと思います。

実際、社員の副業を許している会社も最近では多く、そもそもそれ自体が会社の姿勢としてどうかという話もありますが、副業は確実に市民権を得ていると思います。

誰もが副業で、ダブルインカムとして収入を得る事が当たり前になる時代が、もうすぐやってくると思います。

本当は本業を目いっぱい行って、その収入だけで生活してければ良いのですが、日本の国力は今よりも将来の方がどんどん低下していると思うので、それもままならないのが現実だと思います。

副業は今後無くてはならない生活のセーフティーネットとして、一層普及し、また理解されていくものだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です