日専連カードの専用ATMなら手数料無料!給料日前に助かる

やってしまった…!生活費までパチンコに突っ込んでしまった

私は42歳の男性で宮城県に住む会社員です。月収20万円(手取) です。

私は以前、日専連カードのキャッシングサービスを利用しました。

今までの人生の中で、初めて利用したクレジットカードです。この頃の手取りは10万円程度でしたので、カードの審査にも落ちてしまったことはあります。その当時は実家暮らしだったものの、家に家賃相当分を支払っていたため、いつも生活はカツカツでした。

日専連カードキャッシングを利用した理由は、パチンコでお金を使ってしまい足りなくなったからです。

キャッシングを利用してしまう典型的な生活パターンではないでしょうか。

しかも、パチンコが盛んな土地柄でもあり、その当時の人口が2万人程度であったのにも3つのパチンコ屋さんが自転車でも行ける範囲にありましたので、かなりのめり込んでしまいましたね。

それに加えて、ATMコーナーがパチンコ屋の近くにありましたので、キャッシングが利用しやすい環境であったのもひとつの動機かもしれません。

パチンコの後に競馬に行くと勝つ!?

とにかく、綱渡りの生活であったのが記憶としても残っていますね。ですが、ピンチを乗り越える方法が実はありました。

会社で定時で帰れる場合は、家業を手伝ったりして収入を得たりして、何とかピンチを乗り越えることができました。

その他にも、賭け的な要素は強いですが、半年に1回のペースで行く競馬で一発勝負するのがピンチを乗り越えるひとつの方法でした。

競馬好きの友人の付き合いで同行していました。ところが、不思議なことにパチンコで負けた後に競馬に行くと、不思議と勝ちやすいジンクスはありました。

競馬は、掛け金を自分で決められますので、1点あたり300円程度で遊べば1日中楽しめます。

過去に、初めて借金額が10万円になったことがありますが、競馬のG1のレースで予想がピッタリと的中し、借金がチャラになったのが今でも思い出として残っています。

日専連カードは返済用の専用デスクが便利

日専連カードは、利用のしやすさが魅力的でした。ですので、日専連カードでのキャッシングサービスを利用した、ひとつのきっかけにもなりました。

日専連カードのキャッシングサービスの返済方法は、一般的に銀行引き落としの場合が多いですが、そのカードは専用のデスクがあり窓口で随時返済できる仕組みを取っていたのです。

今で例えると、コンビニエンスストアのファミリーマートカードのサービスに類似しています。そのカードは解約しましたが、乗り換えをしファミリーマートカードがメインのクレジットカードとなっています。

しかも、5年以上継続して利用しているカードのひとつでもあります。やはり、キャッシングサービスはカードブランドそのものよりも、利用しやすい環境がそのカードを選ぶ動機になるのではないでしょうか。

給料の範囲内で借りるのが鉄則!

キャッシングの利用はマイルールを決めていて、まず生活費を計算し、次の月の給料で返済できる範囲内の利用に留めることがひとつのポイントではないでしょうか。

一般的なサラリーマンであれば、経験上2~3万円までが無理なく返済できる額かもしれません。過去に痛い経験をしているので、キャッシングの利用は月2万円までを限度としていて、それ以上は借りないように心がけています。

なぜならば、日専連カードとは別に地方銀行のカードローンを利用していた時があり、何と引き落とし日までに入金を忘れてしまったことがあります。

しかも、引き落とし日当日に実家へ連絡が行き、借金が親バレしてしまった苦い経験があるからです。なので、実家暮らしの場合は親バレなどしないようにする対策も必要かもしれませんね。

給料日前の数日間を凌ぐ時は本当に便利

キャッシングの大きな利点は、カードローンのように敷居が高くないので、クレジットカードにキャッシング枠を設ければ、誰にでも気軽に利用できるのが大きなメリットではないでしょうか。

特に、消費者金融はサラ金のイメージが強く、現金主義の親世代は最も毛嫌い、それがバレてしまい怒られた経験がある人もきっといるはず。

しかしながら、最近の消費者金融はイメージは昔と比べると刷新され、キャッシングも千円単位で利用できるようになりました。

例えば給料日まで数日間のピンチを凌ぐ時などはとても便利です。

デメリットと言えば、気軽に借り入れできるため、無計画に利用してしまい、気が付いたら雪だるま式に借金額が膨れ上がってしまうのが正に当てはまるのではないでしょうか。やはり、自分の意志の強弱が消費生活にとって大きな影響を与えるのかもしれません。

専用ATMは手数料無料!利用しない手はない

キャッシングサービスと言っても、発行元の母体が違うだけで、返済の方法やそして利用できるATMなどにはかなり異なります。

例えば、メインとして利用しているクレジットカードのキャッシングサービスは、消費者金融のATMでも利用できますが、全てで利用できるとは限りません。

なので、キャッシングサービスを利用する時は、利用できるATMを確認しておくと、いざという時にお金を借りれなかったという事態も防げます。

その他にも、気をつけておきたい点は、ATMの手数料ですね。やはり、キャッシングを利用する時はできるだけコストをかけたくないので、可能であればそれらの手数料が無料になるカードを持っておくと良いです。

特に、消費者金融は専用のATMを利用すれば手数料が無料で収まりますので、急にお金が必要になる場合に備えて1枚持っておくと何かと役に立ちますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です