株とFXで借金を重ね持ち物を手放すことになったフリーター

株もFXもギャンブル感覚で損を被った

私は愛知県に住んでいる32歳の男性です。今はフリーターで年収300万程度です。株、FXで合わせて約30万円程度損失をだしました。家族はそのことを知りません。

株式投資ではボロ株と呼ばれる安くて有名でない会社の株を買って損をしてしまいました。下落した後は全く上昇せず、半年間塩漬けにしてしまい、その後損切り。

もともと種銭も50万程度しかなかったので、優良株はあまり買うことができませんでした。企業の下調べもほとんどしないままギャンブル感覚で買ってしまったので損して当たり前だったと思います。

FXではドル・円やオーストラリア・ドルにて予想と反対の動きをしてしまい損をしてしまいました。デイトレード、短期売買や数分で売り買いする超短期なども試しましたが、じりじりと損失が拡大。たまに買ってもすぐに同じくらい負けていました。

負けを取り戻そうと足掻くも、損切りが遅れて大損失。種銭もなくなりFXからも退場しました。

負けが続いて軽いうつ状態に

今までのワクワクした希望などが一切なくなってしまい、投資というもの自体に興味がなくなってしまいました。1日で一万円を超える損失などを経験してしまうと、金銭感覚がおかしくなってしまい、実生活にも影響が出てしまいました。

100円程度の金額に対してあまり執着しなくなり、思考が停止してしまい、お金の使い方が下手になりました。朝起きると憂鬱な気分のまま出勤し、将来の夢や希望を考えることも面倒になり、軽い鬱状態になりました。

小さな損失は特に問題ないのですが、連続して負けが続くと冷静な判断ができなくなり、特に何も考えずお金を突っ込んだりしました。またその時損をすると考えることがほとんど面倒になり、買った後画面すら見る気が起きずそのまま明日までふて寝するということもありました。

一日中チャートを眺める以外何もしない生活に

銀行から追加で送金したりしましたが、たりない分は借金をすることもありました。給料日にはほとんどのお金を投資に回しました。週末に短期の派遣バイトなどをやったりして日払いにしてもらい、投資資金にしたりしました。

一日中パソコンやスマホの画面をみ続け、FXに至っては夜中までみ続けていたことも多々あります。いろんなサイトをみたり本を読んでも私の収支がよくなることはありませんでした。かなり多くの時間を投資に割いてしまい、仕事とチャートを見るだけで毎日が過ぎて行きました。

家にあった売れるものはほとんど売ってしまいました。食事もどんどん質素になってしまいましたし、遊びに行くこともほとんどありませんでした。チャートを眺める以外何もしない生活になってしまいました。

付き合いが悪くなり家にあるものはほとんど売った

生活に影響が出てくると衣類や贅沢品を買うのをやめたりクレジットで買い物を済ませ借金をしたり、出かけるのをやめたりしました。友人からの飲みの誘いを断ったり仮病を使ってイベントの参加などを断ったりしました。

家にあるいらないものを売りに行ったり何か副業ができないか探したりしました。習い事をしていましたが、支払いがきつくなり解約。知人の結婚式なども断り、旅行も行けずお金を使う趣味などもできなくなり、散歩くらいしかすることがなくなりました。

本棚にあった書物も大半がなくなってしまい、一度ものを手放すと収集を楽しんでいた物にも一気に興味がなくなってしまい、ほとんどを断捨離。部屋の中にはパソコンがあるのみとなりました。

安定した通貨を長期保有してみたい

今では投資をしていません。私には才能がありませんでした。しかし、もし将来お金に余裕ができましたら、東証一部の優良企業の株や海外の優良株などをなくなってもいいお金で購入してみたいとは考えています。

FXの短期売買はもう二度とやらないと思いますが、金利の高い国の通貨を長期保有してみたいという気持ちはあります。複利でお金が増えて行くというのは資本主義の社会において知っておくべきことだと思うからです。

日本は銀行の金利がとても少ないので海外の通貨を利用すること自体は間違っているとは思いません。なのである程度安定している国の通貨をなくなってもいいお金で10年を超えるような長期保有をしてみたいと思っていま

民泊と電子書籍販売をやってみたい

まず今流行りの民泊です。自分が旅行中なども収益を生み出してくれるのは魅力的です。

私は借家なので長期旅行などに行くと部屋がそのまま無駄になってしまい、家賃を損してしまいます。かといって1ヶ月程度の旅行だと家を解約することもできません。しかし民泊で貸し出すことができればあわよくばちょっとした収益になります。

また、電子書籍の販売というのも興味があります。今の時代誰でも電子書籍を出すことができるようになりました。昔は自費出版するしかなかった物が今ではほとんど元手がかからずamazon等で販売すれば収益が得られる時代になりました。

何か伝えたいことがあるわけではありませんが、人生80年という時代に生きる我々は誰だって物語があるものです。いつか文字にして販売してみたいですね。

1000万円で希少な経験を積みたい

1000万円ほど自由に使えるお金があったらとても楽しいような気がします。特に誰でもネットで情報を発信できる時代ですから、世界一周すれば書籍が出せますし、お金が人よりあるというだけで希少な経験ができるように思います。

例えば3年間ミャンマーなどにいって生活するだけで現地の言葉を話せる日本人というとても希少な価値を持つことができます。少しお金のかかるいろんなことにチャレンジしてみたいですね。優良な情報を常に得られますし、人脈をぐっと広げることができます。

インターネットのおかげでいろんなことが低コストでできるようになったとはいえ、まだまだ何もかもお金が必要だと私は思います。しかしそれ以上の金額は人生をあまり左右はしないようにも思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です