夫婦でダブル借金!自己破産を検討中

ギャンブルで借金生活、結婚した女性も多額の借金

49歳男性です。以前は居酒屋のアルバイトで今は派遣労働者です。

元々ギャンブルが大好きな上に株に手を出したことで借金が増えてしまい貧乏生活のきっかけを作ってしまいました。借金額は400万円に膨れ上がり自転車操業状態です。そんな時にアルバイト先で知り合った女性と知り合い結婚したのです。

その女性も親の経営する会社が倒産したことがきっかけで多額の借金が残っていました。当然のことながら借金についてはその女性にも正直に話しており、一緒に借金を返すことを目標に二人の生活が始まったのでした。

妻はスーパーでパートを始め、私は居酒屋で仕事をし、昼間は工場に務める生活がしばらく継続したのです。しかし二人合わせても手取りで30万円程度のため、返済してしまうとほとんどお金が残らないのです。

通常であれば楽しい新婚生活を過ごすはずが、借金まみれの生活で旅行や外食行くなど夢のような話しです。

ギャンブルと株取引で借金を繰り返す

当時ハマっていたのがパチンコでした。アルバイトの給料が出ると数万単位のお金を遣ってしまうのです。おかげで家賃と光熱費の分まで手を出してしまう有様でした。更に負けが続いてしまうとキャッシングで賄う生活が繰り返されていたのです。

加えてバイト先の知り合いが株で儲けた話しを聞いてから興味をもってしまい、株に有り金を注ぎ込んてしまいました。最初は少額で始めた株式取引でしたが、パチンコはそっちのけとなり、株の研究を始めてしまったのです。

悪いことに相場全体が落ち込んできてしまい、手持ちの株は全て全面安となってしまったのです。保有していれば負けは確定しませんが、キャッシングや消費者金融に借りた資金で買った株のため、損切りする羽目になってしまい、負けが確定して更に借金が増えてしまいました。

ダブルワークと生活を節約して借金を返済

先ずはギャンブルは全て辞めました。タバコも辞めた事で多少は給料が残るようになったのです。しかし出費はないものの収入は変わらないため、夜間にやっていた居酒屋に加えて昼間のアルバイトを始めました。睡眠不足や疲労などは残りましたが背に腹は代えられません。

月の収入が増えたことで徐々に生活は楽になってきたのです、しかし借金は簡単には減りません。所有していた車を売却し、中古の軽自動車に乗り換えたことも出費を軽減することに繋がったのです。

普通自動車ですと税金はもちろん保険や車検も安くなるのです。車を手放してしまえば更に楽にはなるのですが土地柄、自動車は手放せません。それと外食を控えたことも貧乏から抜け出すきっかけとなりました。

激しい借金の取り立てで借金を重ねる

借金の支払いが1番辛かったです。一箇所からの借金であれば多少は精神的に楽な部分もありますが、カード会社だけで三社に消費者金融が三社、車のローンと兄夫婦にも借金をしていたのです。正常に返せれば何も問題はありませんが手元が無いケースが多々あるのです。

困るのは優先順位です。必然的に取り立てが厳しい会社に返済することが多いのですが、兄夫婦にも迷惑をかけるかける訳にはいきません。借金を返すために再度借金を重ねていく事はとても惨めな感覚でした。しかも結婚してからというものその感情は激しくなったのでした。

妻の返済先があるからです。仕事を増やしたくてもこれ以上は時間的にできません。お米や調味料などを両親に援助してもらうという情けない姿を見せてしまったことは、今でも忘れることはできません。

借金の返済生活で精神と肉体の限界

今の状態が継続してしまうと自己破産は避けられないでしょう。複数社の借金の督促は毎月の事でもあり精神的に参ってしまっています。おまけに兄夫婦に借りた借金の返済の目処も立っていないのです。

私のダブルワークも肉体的に限界がきており破綻寸前な状態にも陥っており出口が見えません。睡眠不足のためイライラすることや仕事での失敗も増えてしまい、信頼を損ねてしまうのではと不安もあります。

夫婦としては仲が良いのが救いですが、妻を守ることが出来ないというのは情けない限りです。当然のことながら子供など育てることは出来ませんし、マイホームなど考える事も出来ません。自己破産してやり直す選択も現状の貧乏生活を顧みると否定はできません。

出口が見えない生活で不安が募る

現在の二人合わせての手取り収入は30万円です。食費や光熱費などを極限まで抑えても、二人分の借金と食費や家賃などを支払ってしまうと全く手元に残りません。余りにも返済額が大きいのです。貧乏生活から抜け出すためには毎月貯金できる収入がどうしても必要です。

怪我や病気になったりしても凌げるだけの蓄えは必要です。この生活から脱却するには二人合わせて40万円の収入か、借金の残高が減りさえすれば可能です。しかも私の仕事もダブルワークを辞め正社員として就職しない限りは明るい将来はなさそうです。

しかし正社員で貧乏から抜け出せる給料を得ることは簡単ではありません。妻もパートを増やすことを考えてはいるものの、耐力がないため躊躇しているのが現実です。

自己破産という選択も必要

出口が見えている貧乏生活であれば気合いや根性で凌ぐ事も可能ですが、見えない場合には自己破産という選択を考えましょう。借金がある場合には肉体的にも精神的にも参ってしまい、生き甲斐がなくなってしまうのです。家族がいれば協力し合えますが一人だと尚更です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です